葬儀の香典について

親しい人間が亡くなったという訃報を聞いたとき、仕事などで忙しい場合を除いて、可能な限り速やかに弔問に訪れるのがマナーとされています。その数日後に、通夜や告別式、火葬や骨上げといった葬儀をおこなうことになります。
その葬儀の際に香典を持っていくことになるのですが、その香典にもいくつかの決まりごとが存在しています。この香典は基本的に弔問時には持っていかずに、通夜や告別式の際に受け付けに渡すことになります。弔問時には喪主のかたも準備などに追われているため、受け取る余裕がないからです。また仕事などで忙しかったり、遠い地域に住んでいるために葬儀に出席できなかったりする場合には、お悔やみのメッセージを添えて現金書留で郵送することになります。
ふくさに包んで渡す香典ですが、その金額は特にこれといって定められているわけではありません。平均的には6000円から1万円ほどが相場となっています。しかしこの金額それ自体よりも、お悔やみの心が大事とされています。

葬儀に参列する際に持参する香典は表書きの下段には真ん中にバランスよく会葬者のフルネームを記入します。夫の代わりに妻が会葬するときには香典を出す人の名前の左下に小さく内と書き添え、会社の上司の代理で部下が会葬するときには左下に小さく代と書き添えます。夫婦そろって会葬するときには夫の名前だけでも可能ですが、夫婦連名で出すときには連名にします。連名にするときには夫の姓名の横に妻は名だけを記入します。会社などで連名で出すときには、3名までは会社名を記入してから右から目上の人から順番に記入していきます。3名以上の場合には会社名と部署一同とし中袋に明細として全員の氏名と金額を記入します。市販の香典袋には中袋がついているものがあり、金額や住所氏名を書く欄があるときには記入、欄がない場合には表面に金額、裏面には住所・氏名を記入します。金額の記入は漢数字のばあいには縦書き、アラビア数字の場合には横書きで、数字の前には金とつけることが通例です。中袋がある場合には香典袋の裏面に差出人・住所・金額は不要となり、中袋がない場合には香典袋の裏面に下段に差出人・住所・金額を記入します。

<PR> 心の童話 / 英語上達の秘訣 / 家計見直しクラブ / 童話 / 英語上達の秘訣 / GetMoney / 初値予想 / オーディオ / 女性の人生 / ショッピングカート / 工務店向け集客ノウハウ / 生命保険の口コミ.COM / 生命保険の選び方 / クレジットカードの即日発行じゃけん / お家の見直ししま専科