葬式に出ることができないとき

親しい人に不幸があったとしたら、葬式や通夜に出ることになるでしょう。今までの感謝の気持ちをこめて、出席をすることになるのです。しかしながら、場合によっては出席できなくなってしまうこともあるのです。そういった場合には、どうすればいいのでしょうか。
一般的には葬式に出ることができない場合には、故人を偲ぶ気持ちをこめて、お香典だけでも出すようにするといいでしょう。他の人で参列する人がいれば、託して持っていってもらうようにするのもいいでしょう。葬式の日程で出ることができないのなら、通夜に出るというのもいいのです。
また、遠方などで都合によって出ることができない場合には、郵送をするという方法もあるのです。郵送の場合では、現金書留にして、中にお悔やみの言葉を含めた手紙を同封するといいでしょう。金額については、故人とどのような関係にあったのかということでも違ってくるので、相場を調べて出すようにするといいでしょう。