会社関係者のお葬式には配偶者も出席するべき?

会社関係者のお葬式に関しては、自分とその配偶者が出席したほうが良い場合とその必要はない場合にわけられます。直属の上司本人や部下、親しい同僚など、たいへん近い関係で家族ぐるみでの付き合いがある場合や、お世話になった人である場合には迷わずに夫妻で参列することが望ましいでしょう。その場合のお香典に関しては、1万円から3万円が妥当な金額となります。
また会社関係者の家族など、故人との関係性が比較的薄い場合には本人のみの出席であっても何ら問題はありません。お香典の額に関しては5,000円程度が相場となっています。
また、社長や会長などの場合には社葬が執り行われる場合もありますので、そのような形式であれば夫妻で参列することがマナーです。
どのような場合であっても故人への敬意やご遺族に対する配慮は必要です。失礼のない振る舞いをするということも社会人としての大切なマナーであることを忘れないようにしたいものです。