家族だけのお葬式

近年、ごく限られた家族や親族、故人と特に親しかった友人知人、お世話になったかただけで行われる家族葬が増えてきました。
このほかに、勤務先や取引先、趣味の会などの知り合いを招いて開催する「お別れの会」といった形式もあります。
喪服ばかりでなく、趣味の友人には故人と共に参加した趣味のサークルでの服装など、通常のお葬式と比べて自由な形式ということが多いようです。お葬式の形式にとらわれず、生前、故人がお世話になった方々への感謝とともに、共通の趣味の雰囲気のなかで故人をしのび、お別れをしようという「気持ち」が重視されているお葬式です。
真に限られた身内だけの家族葬では、あとで故人の友人知人から、お別れをしたかったという声があがってしまうので、そういった会合形式を選ぶかたが増えているようです。
多くの人が悩んでしまうお香典も、会費という方式にすることで、気苦労なく故人とのお別れをしていただくという考え方が広まりつつあります。いずれの場合も、故人にゆかりのある人すべてが、心をこめて送り出せるような式典が望ましいものです。