葬式には香典を用意しよう

取り巻く環境の中で、人が亡くなったりすることがあると、とても悲しい気持ちになることでしょう。人との別れというのは突然くるものです。それは自然な流れであって、いつどのような状態で、状況が変わるのかわからないことを覚悟して準備をしておくべきなのです。
そこで葬式に出る際には準備をしておきたいものがあります。それがお香典です。普段から御霊前の袋を準備しておくとスムーズです。表書きには自分の氏名を薄い墨で記入するようにします。そしてお金を入れるのですが、それも相場があるので、事前に調べたり、親しい人と相談をして用意するといいでしょう。
一例としては、友人や隣人の場合では5000円程度包むようにするといいでしょう。職場の関係者では10000円程度、祖父母やおじやおばといった親族ではそれ以上になります。親族でのそれほど親しくないのであれば、1万円程度でもいいでしょうし、きょうだいなどでは5万円くらい包むこともあるのです。