葬式のお手伝いをするときに気を付けること

葬式を行うとき、取り仕切りを葬儀社に依頼する場合はスタッフが段取りを決めてサポートをすることになっていますが、受付などで挨拶をしたり香典を受け取ることは遺族側に任せられることが多くなっています。金銭のやり取りは重要なことですから遺族側が行うことが多いですが、遺族は参列者に挨拶をしたりして、しなければならないことが沢山あります。そのため親族や親しい友人などにお手伝いをしてほしいと遺族側が申し出る場合があります。そのときは快く受け入れてお手伝いをすることがマナーになっていますが、その際に男性は黒の腕章をつけることが多いです。女性の場合は、エプロンを着用することになりますが、その場合は黒、もしくは白色が好ましいです。派手な色や柄は控えるようにします。お手伝いを頼まれた場合は、参列者であってもお手伝いを引き受けたときから遺族側に立つことになるので、参列者にお茶を出したり案内をするなど、遺族側の人間として振舞うことになります。