葬儀に参列するときに出す香典について

訃報をきいたら葬儀の日程と時間を確認します。お通夜や告別式に遅刻することはマナー違反ですから、しっかりと日時と時間を確認し、参列することを決めたら香典の用意をします。葬儀を行うためにはまとまった費用が必要ですから、それをみんなで支え合うという意味合いが香典にはあり、現在も香典を出すことが一般的になっています。宗派や故人、遺族の意志によって香典を受け取らないという場合もありますが、一応用意して参列するようにします。香典の額は、故人との関係によってかわってきます。親族など血縁関係があり近い立場の場合は、高額になることもありますが、会社関係者やご近所などの場合は、香典額は5千円から1万円くらいが一般的です。香典袋に入れて、中に入れた額面を記入します。名前や住所を書く欄がありますので、それらも記入します。香典を持っていくときには、ふくさなどに包んでもっていくようにし、むき出しのままにしないようにします。