葬儀や通夜の香典

人が亡くなるということは自然なことなのですが、それが急な状態であるとすると、とても戸惑ってしまうこともあるでしょう。しかしながら、現実を受け入れながらも故人の冥福を祈りたいものです。そういったことになると、通夜や葬儀に参列することになるでしょう。その際には香典を準備して持参することになります。
香典というのは多くの場合で故人との関係を考えて準備をしていくといいでしょう。香典の袋に入れることになるのですが、幅広く使うことができるのが、「御霊前」という袋になります。表書きには自分のフルネームを薄い墨で記入することになるのですが、バランスを考えて丁寧に書くようにしましょう。また、夫婦で参列をしたりする場合で故人との関係が二人とも深いのであれば、連名で記入するのもいいでしょう。そして中包みなどには金額を記入することになるのですが、通常の漢数字では書き換えが可能になってしまうことがあるために、一であれば壱といったように難しい感じで表現する場合もあるのです。