葬式のお香典のマナー

社会人として働く人たちは、いろいろな人たちと付き合う中から、葬式に参列することも増えてきます。
ここでは、葬式のお香典のマナーについてご紹介したいと思います。
お香典を包む際のマナーですが、包む金額については故人との関係性で変わってきます。親族が亡くなった場合は、一般的に30,000~50,000円程度が相場のようです。知人や会社で付き合いのある方が亡くなった場合は3,000~5,000円程度が相場になります。お香典は新札は使用しないようにするのが基本ですが、あまりにも汚れたお札では失礼に当たりますので、使用しないようにしましょう。次にお香典を包むのし袋についてですが、「御霊前」の表書きのものを使用します。「御佛前」は、四十九日法要以降に使用するものですので、注意が必要です。また、のし袋に名前や住所を記入しますが、薄墨で記入するのが基本です。薄墨は「悲しみの涙で文字が薄れた」という意味を持っています。薄墨がなければ、普通の墨でも問題はありません。